建築の賞

今まで数々授与してきた建築の賞の中でも、世界的に有名で、世界の中でも最も権威ある賞といわれているのが、イギリスの王立英国建築家協会(RIBA)が毎年表彰している、RIBAロイヤルゴールドメダルです。

これは、約150年にも及ぶ長きにわたる歴史を持つ賞で、世界的に優れた建築家に対して与えられてきました。

1965年には丹下健三氏が日本人としては初めてこの賞を受賞し、その後は1986年の磯崎新氏、1997年の安藤忠雄氏が受賞しています。

続いて世界的にも権威のある賞というと、アメリカ建築家協会が優れた建築家に対して送るAIAゴールドメダルがあります。

これはRIBAの150年という歴史には及ばないものの、約100年に及ぶ歴史を持つ賞です。

受賞者の決定に際しては、理事会による最終的な投票において4分の3以上の票を得なければならないという決まりがあるため、受賞者の該当者なしという年も、過去約40回ありました。

このAIAゴールドメダルを受賞するということは、それだけ厳しい審査があるということです。

日本人としては、1966年に丹下健三氏、2002年に安藤忠雄氏が受賞しています。

もうひとつ、世界的に有名な賞というと、プリツカー賞があります。

これは、1979年にアメリカの実業家、ジェイ・プリツカーが設立した建築家を表彰する賞で、毎年一人の建築家が表彰されています。

ジェイ・プリツカーは、アメリカのホテルチェーンであるハイアットホテルアンドリゾーツのオーナーであるプリツカー一族の一員で、現在ではプリツカー一族が運営しているハイアット財団が、建築家に対して賞を送っています。

副賞は10万ドルとブロンズのメダルです。

歴史的にはRIBAロイヤルゴールドメダルやAIAゴールドメダルには及びませんが、建築界のノーベル賞にたとえられることもあるほど、高い権威を持っている賞となっています。