建築士とは

建築士とは大きく分けると、建築士には3つの資格があります。

一級建築士、二級建築士、木造建築士の3つになります。

現在では、他にも構造設計一級建築士や設備設計一級建築士、管理建築士など、多くの資格がありますが、主に建築士といったら一級建築士、二級建築士、木造建築士の3つの資格になります。

建築家という言葉もよく用いられていますが、日本には建築家には明確な定義や資格はありません。

どちらかというとイメージとして、建築設計に芸術的な意識を持っている人が自称している場合がほとんどです。

ただ、建築家と名乗る多くの人が、一級建築士の資格を持っています。

さて、建築士の資格で最も代表的なものといえば、一級建築士です。

一級建築士とは、国の行なっている一級建築士試験に合格したのち、国土交通大臣の免許を受けて、設計や工事監理など建築士の業務を行なう者のことをいいます。

つまり、一級建築士は国家資格になるわけです。

一級建築士の資格があれば、超高層ビルでも、個人の住宅でも、あらゆる建築物の設計が出来るようになります。

また都市計画といった大規模の建築を行なうことが出来るようにもなり、非常に広い範囲に渡って建築の仕事を行なえるようになる資格です。

一方で二級建築士は、国の行なう二級建築士の試験に合格したのち、本籍地のある都道府県の知事から免許を受け、設計や工事監理など建築士の業務を行なう者のことをいいます。

こちらも国家資格ですが、一級建築士は大臣から免許を受ける大臣免許だったのに対し、二級建築士は都道府県知事から免許を受ける知事免許になります。

一級建築士は設計・工事監理できるものに制限がなかったのに対し、二級建築士は設計工事監理に制限があります。

具体的には、公共建築物では延べ面積が500平方メートル未満のもの、高さは13メートルまたは軒の高さが9メートル未満のものなどです。

大きなビルや公共施設は設計工事監理をできないけれど、木造住宅や小規模鉄筋コンクリート造りの建物などなら、設計工事監理が可能ということです。

一級建築士と違って設計や工事監理に制限があるというと、一級建築士よりも下のランクというイメージで捉えられやすいですが、そうではありません。

例えるなら、一級建築士は広く浅い知識が要求されるのに対して、二級建築士は専門知識を深く掘り下げており、実務には適している資格といえます。