建築士の試験

年に1回ある試験では、一次試験と二次試験があります。

一次試験は学科試験で、これに合格した者だけが、二次試験に進むことが出来ます。

二次試験は、設計製図の試験です。

もし一次試験は合格したけれど二次試験で落ちてしまったという場合には、翌年に限って学科試験が免除されるというメリットもあります。

多くの場合、一次試験は毎年8月の上旬、設計製図試験は10月の下旬に行なわれています。

また、建築士の資格試験には、受験資格も明確に決まっています。

一級建築士を受験する場合には、大学の建築学科または土木学科を卒業後、建築に関する実務経験が2年以上ある人、もしくは、3年制短期大学の建築学科または土木学科を卒業後、建築に関する実務経験が3年以上ある人です。

他にも、短期大学や高等専門学校の建築学科または土木学科を卒業した人は、建築に関する実務経験が4年以上、二級建築士の資格をすでに取得している人は建築に関する実務経験が4年以上あれば、一級建築士が受験できます。

二級建築士や木造建築士の資格を受験したい場合には、その受験資格は、次のようになっています。

大学や高等専門学校の建築学科卒業、もし土木学科を卒業した場合には、1年以上の建築に関する実務経験が必要になります。

高校の建築学科または土木学科を卒業した場合には、建築に関する実務経験が3年以上あれば、二級建築士や木造建築士を受けられます。

また、学歴を問わず、建築に関する実務経験が7年以上ある場合でも、二級建築士や木造建築士の資格試験を受験することが出来ます。

ただし、2008年(平成20年)11月28日の建築法の改正を受けて、2009年(平成21年)度の入学生から、受験資格についての学歴と実務経験が変わりました。