建築って

建築は、人間が生まれ発展していくのと同じだけの歴史を持ち、現在でもなくてはならないものです。

人間が生きていく上では、「衣食住」が必要といわれていますが、まさにその「住」を担っているのが建築です。

とはいっても、日本で建築という言葉が初めて使われたのは、そんなに古くありません。

明治維新が起き、それまでの江戸時代の鎖国が解かれてから様々なものが外国から日本に入ってくるようになったのですが、その中の一つに、アーキテクチャー(architecture)という言葉ありました。

それを訳すにあたり、それまでの日本語の中には適切な言葉がなかったため、当時の建築学者、伊東忠太氏が新しく建築という用語を作り発表したところから始まります。

江戸時代までの日本では、建築物といえばお城や武士の住む武家屋敷、一般の庶民が住む長屋、商人がお店を出す店舗からできていました。

これらの建物を建築する際には、土木仕事という言葉が多く使われており、建物を建築するという概念はそれまでの日本にはなかったのです。

特に、architectureという英単語には、創造するという意味も含まれていました。

芸術的な作品という意味づけも含まれていたのでしょう。

ところが、日本では建築は土木作業であって、芸術作品を生み作り出すということは、考えたこともありませんでした。

そこで伊東忠太氏は、建築という言葉を創り出す時に、この言葉には想像という意味を含ませたニュアンスのものにしたいという意図がありました。

現在の日本では、この時よりも建築を芸術作品としてとらえる概念は生まれてきているものの、伊東忠太氏が望んだほど、芸術の創造という意味は含まれていないように思います。

土木と創造というニュアンスが、半分ずつ含まれているという感じですね。

ただ、日本でも建築様式という言葉は用いられるようになり、建築にはそれぞれ、時代や年代によって住む人が違うため、建築様式も異なるのだということが認識されるようになったと思います。

これは、建築が芸術として発展していくための第1歩は踏み出されていると考えてもよいのかもしれません。